○睡眠時無呼吸症候群とは?
睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)は、睡眠中に呼吸が止まった状態(無呼吸)が断続的に繰り返される病気です。その結果十分に睡眠がとれず、日中の眠気、集中力、活力に欠ける、居眠りがちになる、居眠り運転で事故や重大事故などを起こしやすくなります。

治療をせずに放置しておくと生命に危険が及ぶ場合もあります。よって適正な症状分析と診断、治療、予防などの対策が必要になります。眠っている間に呼吸が数十回、ときには数百回と止まるようであれば、体内の酸素不足が深刻になってくるでしょう。
酸素不足がおこれば「寝苦しい」「息苦しい」などの症状が現れ、睡眠不足がおこります。また酸素不足は、循環機能に負担をかけ、不整脈・高血圧・心不全・糖尿病が現れ事故や突然死などで生存率が低くなるなど無呼吸症候群には様々な問題がでてきます。

症状としては、睡眠中のひどいいびき、日中の眠気、起床時に頭痛がする、熟睡感がない、夜、何度もトイレに起きる等が挙げられます。また、高血圧、肥満、不整脈、糖尿病の方などはその徴候の疑いがありますので、「もしや?」と思われる方は早めにご相談ください。

HOME > 病気の解決と治療法へ > 睡眠時無呼吸症候群