喉の病気  
 
○慢性扁桃炎
慢性扁桃炎は、慢性単純性扁桃炎、習慣性扁桃炎、病巣性(びょうそうせい)扁桃炎(扁桃病巣感染症(へんとうびょうそうかんせんしょう)に大別されます。

慢性単純性扁桃炎は、持続的なのどの痛み・乾燥感・違和感・微熱などの症状があるものです。習慣性扁桃炎は、急性扁桃炎を年に3~4回以上繰り返すものです。扁桃病巣感染症は、扁桃が病巣となって、身体各所に二次疾患を生ずるものです。

急性扁桃炎を年に3~4回繰り返すようになると、習慣性扁桃炎または反復性扁桃炎と呼びます。小児期に多く、小学校入学前にピークとなります。

急性増悪期には、急性扁桃炎と同じ原因、症状です。
咽頭痛、嚥下痛(えんげつう)、発熱、全身倦怠感(けんたいかん)、耳への放散痛などが症状としてあげられます。口蓋扁桃(こうがいへんとう)は赤くはれ、白い塊(膿栓のうせん)が付着します。頸部(けいぶ)(首)のリンパ節が腫大して痛みを伴うことがあります。
急性期が過ぎると、慢性単純性扁桃炎の状態になり、軽いのどの痛み、乾燥感、微熱があったり、またはほとんど症状のない場合もあります。

検査と診断は、急性扁桃炎の場合とほぼ同じですが、細菌の慢性感染があることを示す血液中のASO、ASK測定を追加して行います。
保存的な薬物治療にもかかわらず、扁桃炎を繰り返し、扁桃に膿栓を認め、頸部リンパ節が腫大し、血清ASO、ASK値の上昇を認める場合には、本人または家族と相談して、口蓋扁桃、アデノイドを摘出します。現在のところ、明確な扁桃摘出術のガイドラインはありません。
扁桃は免疫器官であるので、むやみに摘出するものではありません。しかし、繰り返す扁桃炎が日常生活の質(QOL)に影響するようであれば、積極的に扁桃摘出を考慮したほうがよいと考えます。
 

HOME > 病気の解決と治療法へ > 喉の病気 > 慢性扁桃炎