耳の病気  
 
○突発性難聴
音のセンサーであり、音波の振動エネルギーを電気信号に変換する内耳が、突然障害を受けることにより高度の難聴をきたす病気です。

原因としてはウイルス感染説、循環障害説など諸説ありますが、実際には様々な病因による内耳障害が突発性難聴という「症候群」の中に含まれていると考えられます。
急性高度感音難聴のうちメニエール病や外リンパ瘻(ろう)、聴神経腫瘍など明らかな他の疾患によるものを突発難聴と呼び、原因が明らかでない場合だけを真の突発性難聴と呼んで区別することもあります。

症状としては、ある日突然、片方(極めてまれに両方)の耳がほとんど、あるいはまったく聞こえなくなってしまいます。音が聞こえないというよりも耳がつまった感じ(耳閉感)、あるいは音が響く感じ(聴覚過敏)、音がゆがんで聞こえる感じとして自覚されることもあります。耳鳴りやめまい、吐き気を伴うこともあります。

診断は、聴力検査で感音難聴を認めます。難聴は一般に片側だけですが、まったく音が聞こえない場合もしばしばあります。補充現象(小さな音量の変化を大きく感じとってしまう現象)が陽性であれば内耳障害が生じている証拠です。急性高度感音難聴をきたす他の疾患(とくに聴神経腫瘍)との鑑別のため、頭部(内耳道)MRI検査を受けたほうがよいでしょう。

治療は、ステロイド内服・漸減治療を行います。放置して治療が遅くなると、聴力の改善が困難になりますので、早目に病院で診断と治療を受けられることが大切です。
 

HOME > 病気の解決と治療法へ > 耳の病気 > 突発性難聴