鼻の病気  
 
○鼻茸
鼻茸は、慢性副鼻腔炎や、アレルギー性鼻炎と関係が深い病気で、鼻ポリープとも呼ばれています。
慢性鼻炎、アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎が長く続くと、鼻の中の粘膜が浮腫性に肥厚して下に垂れ、鼻の中に小さく、くらげのような寒天のようなかたまりがくっついている状態となり、これが粘膜の変化で元に戻らず、鼻の中に垂れたままの状態を鼻茸と言います。
長い期間、鼻腔内粘膜が病気による鼻水に刺激されていると、鼻茸ができやすい状態になりいます。鼻茸も小さかったり、数が少ない場合は手術せず放っておいても問題にならないこともありますが、大きかったり数が多かったりすると、鼻腔が詰まって不快な症状が現れます。鼻のつまりがひどかったり、常に口で息をしないといけなかったり、ひどい場合には頭痛や臭いの障害、鼻声・鼻水などがずっと続きます。
このような場合、鼻が詰まるくらい鼻茸が大きくなっていて、元に戻ることはなく、結局鼻茸を手術的に除く方法が一番良い対応策と言えるでしょう。
たいてい局所麻酔で鼻の中の感覚を失わせ、そして特殊な医療用器具で鼻茸の茎を絞って切除します。
今は、技術が発達して『レーザー手術』『内視鏡手術』『電気凝固』など、様々な治療方法が挙げられます。今はかなり鼻内内視鏡を使う病院が増えているようです。
当院でもマイクロデブリッターという機器を用いて痛みが少なく、短時間で鼻茸を除去しています。同時に内視鏡を使っておおもとの副鼻腔の疾患を手術的に軽快させることも可能です。鼻茸で鼻がつまっている方は、手術で除いてしまうと、手術後、快適に過ごすことができるようです。「こんなに鼻が通るのはうれしい」と手術した患者さんは口をそろえておっしゃいます。
しかし、鼻茸は再発する場合もあります。副鼻腔にすでに鼻茸予備軍ができていて、鼻の中の鼻茸をとっても、これが鼻の中に出てくる可能性があります。
これも人によってまちまちで、これも実際鼻を見てしかも、レントゲンなどを見ないと解りません。さしあたって鼻茸だけでも手術した方がいいと診断されましたら、手術方法を十分お聞きになり、ご理解された上で切除すると症状がうんと楽になるでしょう。
小さな鼻茸がアレルギー性鼻炎や慢性副鼻腔炎が原因で、出来てしまい、しかも手術なしでも一生持ってる人はたくさんいます。
しかし、やはりベースの疾患を治療しないと鼻茸が大きくなることもあります。解熱鎮痛剤副作用からアスピリン喘息と鼻茸といって、アスピリン喘息と合併する鼻茸もあります。
 
HOME > 病気の解決と治療法へ > 鼻の病気 > 鼻茸