鼻の病気  
 
○鼻出血
鼻出血の原因は、鼻をほじった後に傷がついて血が出るものから、鼻の炎症、高血圧などの全身的な病気などにいろいろ挙げられます。
鼻出血の90%以上は、鼻中隔の前方にあるキーゼルバッハ部位と呼ばれるところから出ます。キーゼルバッハ部位は、鼻に指をほんの少し入れた時、触れることのできる中央の硬い部分で、ここには、血管が豊富に分布しているうえに、粘膜が薄く、鼻の入り口のため、傷つきやすいところです。

このキーゼルバッハ部位から出血した場合は、鼻を圧迫するだけでほとんど止まります。具体的な方法を紹介しますと、頭はややうつむきかげんにして椅子に座り、ティッシュで血液を拭きます。次に、鼻出血のみられるほうの鼻に綿球(自分の小指の太さ、長さ2センチくらい)を入れ、その後、小鼻を指でつまんで圧迫します。
2~3分して圧迫をはずしてみて、まだ出るようであれば、さらに2~3分圧迫すればほとんどの場合止まります。
しかし、圧迫しても完全に止まらなかったり、しばらくすると再び出血がある場合は、圧迫だけでは不十分です。このような場合は、すみやかに耳鼻咽喉科へ行き出血部を薬品や電気焼灼器で焼くなどの処置が必要となります。ガーゼで圧迫して止血する方法もあります。
 

HOME > 病気の解決と治療法へ > 鼻の病気 > 鼻出血