外耳道炎
急性(化膿性)中耳炎
滲出性中耳炎
突発性難聴
鼻出血
アレルギー性鼻炎、花粉症
慢性副鼻腔炎
急性扁桃炎
慢性扁桃炎
急性咽頭炎
声帯ポリープ
声帯結節
睡眠時無呼吸症候群
良性発作性頭位めまい症
メニエル病
 
 

メニエル病とは・・・

耳の内耳は、骨と膜の二重構造になっていて、膜の内側はリンパ液(内リンパ液)で満たされています。ところが、この内リンパ液の調整がなんらかの原因でうまくいかなくなって過剰になると、内リンパ水腫をつくり、これが神経を圧迫し、めまい、耳鳴り、難聴などのさまざまな症状が現れます。これがメニエル病です。
内耳の中には、音を感じる蝸牛や回転運動を感知する三半規管、直線加速度や位置感を感じる耳石など、さまざまな器官があり、それぞれがリンパ液でつながっているため、多様な症状が現れます。
突然、周囲がぐるぐると回転するような激しいめまいに襲われ、吐き気や嘔吐を伴うこともあります。初期は、めまいの発作時に耳の閉塞感や圧迫感など、耳が詰まったような感じを受けますが、めまいを繰り返すうちに耳鳴りや難聴を伴うようになり、しだいに発作時以外にも症状が残るようになります。

症例

この病気は、30歳代から50歳代の働き盛りの人がかかりやすく、男性に多い傾向があります。多くの人に共通しているのは、仕事や人間関係などで人一倍緊張感が続いていたり、責任感が強く、働き過ぎの傾向にあり、強いストレスの中で生活をしている人です。
また、メニエル病は、季節の変わり目や気候の変化、とくに低気圧や前線の接近しているときに発作を起こしやすくなるということもわかっているので、このような時には特に過労を避け、ストレスを溜め込まないようにしましょう。

解決方法

予防方法としては以下のような事が挙げられます。
●心身ともにリフレッシュし、ストレスを解消する
●リズム感のある規則正しい生活を送る
●睡眠時間を充分にとる
●忙しくなる期間の前後にはできるだけ休養をとる
●ゆとりのある生活を心がける
●休日には趣味やスポーツを楽しむ
メニエール病は、症状が悪化すると治療が困難になるので、早期のうちに正確な診断、適切な治療を受けることが大事です。
まず、聴力検査を行い、難聴があるかどうかを調べます。また、からだのバランス状態を見る平衡機能検査も行います。この検査には2種類あり、1つは足踏みなどをしてからだのふらつきを見るもの、そしてもう1つは眼の動きを見る眼振検査です。さらに、必要に応じて、頭部のCT(コンピュータ断層撮影)検査やMRI(磁気共鳴画像検査)、耳のX線検査なども行います。
 

HOME > 病気検索フォーム > oメニエル病