外耳道炎
急性(化膿性)中耳炎
滲出性中耳炎
突発性難聴
鼻出血
アレルギー性鼻炎、花粉症
慢性副鼻腔炎
急性扁桃炎
慢性扁桃炎
急性咽頭炎
声帯ポリープ
声帯結節
睡眠時無呼吸症候群
良性発作性頭位めまい症
メニエル病
 
 

睡眠時無呼吸症候群とは・・・

睡眠時無呼吸症候群は「覚醒時には呼吸障害を自覚しないが、睡眠時に10秒以上の呼吸停止が1時間に5回以上、または、一晩7時間の睡眠中に30回以上の無呼吸を生じる疾患」と定義されています。
また、1時間あたりの無呼吸数に一定以上の低換気回数を合計したものを無呼吸・低呼吸指数(AHI:Apnea Hypopnea Index)といい、その程度により重症度を分類します。

症例

この病気は、就寝後しばらくしていびきが始まり、だんだんと大きな音になった頃に突然呼吸が止まります。そして、しばらくして再び息を吹き返し、数分するとまたいびきが始まるということを一晩中繰り返しますが、本疾患に特有の症状、合併症は次の2つの事柄により引き起こされます。
1つは睡眠中に無呼吸が起こるたびに脳波上の覚醒反応が起こり、深い睡眠を得ることができないこと。もう1つは、無呼吸により肺における酸素の取り込みと二酸化炭素の排出というガス交換が一時的に停止してしまうために、血液中の酸素不足、炭酸ガスの排出不全が反復され、各種臓器に悪影響を生じます。そのために、覚醒後は、熟睡感がなかったり、日中、冷汗が出たり心臓がドキドキして活力がなく、居眠り、傾眠(けいみん)が多くなります。また、血液中の酸素濃度の低下により心肥大や心不全、高血圧、不整脈、脳障害を合併する可能性があり、米国の調査では睡眠時無呼吸症候群のない人と比較して有意に死亡率が3~5倍高率であることがわかっています。
さらに、本症候群の患者さんはうたた寝による交通事故発生頻度が多いために、個人の問題にとどまらず、社会問題にまで発展する可能性があります。日本でも新幹線の運転手が乗務中に居眠りをし、その原因が睡眠時無呼吸症候群であったというニュースは記憶に新しいところではないでしょうか。しかし、本人には無呼吸の自覚はなく、ベッドパートナーに指摘されて初めて病院を訪れることがほとんどです。
この睡眠時無呼吸症候群には、閉塞(へいそく)型睡眠時無呼吸症候群(OSAS:obstructive sleep apnea syndrome)、中枢(ちゅうすう)型睡眠時無呼吸症候群(CSAS:central sleep apnea syndrome)、混合型睡眠時無呼吸症候群(MSAS:mixed type sleep apnea syndrome)に分類されますが、そのほとんどがOSASです。

解決方法

治療方法としては、大きく自己管理と対処療法、手術的治療が挙げられます。それぞれの症状・病状により、医師からの診断に従って治療を行って下さい。
1)自己管理
[1]肥満の予防
肥満は首のまわりに贅肉がつき、のどの内側も狭くなるためにいびきをかきやすく、実際、睡眠時無呼吸症候群の多くの方は肥満を伴っています。
[2]側臥位(そくがい:横向き)睡眠
仰臥位(仰向け)の睡眠は重力の影響により上気道の閉塞を容易にします。側臥位になることで口蓋垂(こうがいすい)周囲の気道閉塞が軽減するために有効な場合があります。長年の習慣を変えるのは難しいのですが一度試す価値はあります。
[3]アルコール制限
アルコールは、筋肉の緊張低下を起こし、気道が狭くなりやすくなります。禁酒とまでいかなくても、節酒を心がけることも大切です。
[4]いびき予防絆創膏
鼻孔を広げることを目的とした絆創膏で、鼻づまりが原因の場合には効果が認められるかもしれません。
注)睡眠時無呼吸症候群は熟睡感がないので、睡眠薬を希望されることがありますが、精神安定剤や睡眠薬はアルコール同様、脳覚醒を抑制するために無呼吸を助長します。
2)対症療法
[1]nasal CPAP(nasal continuous positive airway pressure:経鼻〈けいび〉的持続陽圧呼吸)
睡眠中に鼻にマスクをつけ、陽圧の空気を流し込むことによって酸素欠乏を防止する方法で、非侵襲的治療では最も効果があるといわれており、治療の主流となっています。
[2]口腔内装具
マウスピースを装着し、睡眠中に下顎を前に移動して気道を広げ、呼吸をスムーズにするもので、新たに健康保険の適応がなされました。
3)手術的治療
[1]鼻閉の改善
鼻閉が著しい場合は必要に応じて鼻中隔彎曲矯正(びちゅうかくわんきょくきょうせい)術、下鼻甲介切除(かびこうかいせつじょ)術などを行います。また、アデノイドがあれば切除します。
[2]軟口蓋形成術(uvulopalatopharyngoplasty:UPPP)
いびき、睡眠時無呼吸に対して行われます。この手術は、扁桃腺(へんとうせん)を摘出し、口蓋垂を短くすることで、口峡(こうきょう)部を広げ軟口蓋の振動を少なくすることを目的としており、保険治療の対象になっています。
手術の際に医療用レーザーで形成(laser assisted uvulopalatoplasty:LAUP)する方法もあります。舌根(ぜっこん)肥大が狭搾の原因の場合、舌根部の切除をしますが、術後の腫脹(しゅちょう)により気道閉塞を起こす危険があるので安全のため気管切開を行います。
手術治療は適応があるか否か、またいずれの術式を選択するかは個々の症例により異なります。無計画な手術により術後の瘢痕(はんこん)収縮が起こり、かえっていびき、無呼吸が悪化したという報告もあり、耳鼻咽喉科、その他の専門医による原因の正しい把握のもとで治療を行うことが大切です。
 
HOME > 病気検索フォーム > m睡眠時無呼吸症候群