○アレルギー性結膜炎
各種の花粉やホコリなどが抗原となって起きるのが花粉症であり、特に結膜炎症状を示すのが結膜花粉症と呼びます。

抗原は他にも、ダニや各種の化学物質、食べ物、衣類の繊維などが考えられます。同様な結膜炎を示すものに、アトピー性角結膜炎、それの重症型といえる春季カタル、コンタクトレンズ装用で起きる巨大乳頭結膜炎があります。これらのアレルギー性結膜炎は、環境の悪化、精神的ストレスの増大、食生活の欧米化などにより年々増加の傾向にあります。
アレルギー反応は、何年もアレルゲンと接触していた、遺伝的にアレルギーの素質を持った人にアレルゲンに対応する抗体が体内に出た後で、再びアレルゲンの接触により抗体結合した時に起こります。マスト細胞表面で起きたこの結合反応から、炎症を引き起こす物質(ヒスタミンなど)が生成されますが、この物質が、目・鼻・のど・気管支の粘膜に作用して、かゆみなどのアレルギー性の症状が現れます。

日本で代表的な花粉症のアレルゲンには、春のスギ・ヒノキ、初夏のカモガヤなどのイネ科の雑草、初秋のブタクサ・ヨモギなどのキク科の雑草があります。
アレルギーの4大症状は、くしゃみ・鼻みず・鼻づまり・眼のかゆみですが、その他、眼の症状として、結膜の充血、涙目、めやに、ゴロゴロとした異物感があり、重症になると、瞼も熱く腫れ、痛みや視力低下もあります。

アレルギー性結膜炎の治療には、抗アレルギー点眼薬がよく使われます。抗アレルギー点眼薬にはヒスタミンH1拮抗(きっこう)点眼薬とメディエーター遊離抑制(ゆうりよくせい)点眼薬の2種類があります。ヒスタミンH1拮抗点眼薬はかゆみを引き起こすヒスタミンの作用を直接阻止するので、主にかゆみの強いときに処方される事が多いです。効果が現れるまで2週間くらいかかるため、症状が現れる前から使い始めることもあります。抗アレルギー点眼薬は比較的副作用の少ない薬です。使用中は勝手に中断することなく医師の指示に従って使うことが大切です。
 

HOME > 病気の解決と治療法へ > アレルギー性の病気 > アレルギー性結膜炎