抗原と抗体が鼻や眼の粘膜で反応して、くしゃみ、鼻みず、鼻づまり、眼のかゆみなどの症状を起こすのがアレルギー反応です。アレルギー反応で起こる病気には、アレルギー性鼻炎をはじめ気管支喘息(きかんしぜんそく)、アトピー性皮膚炎、アレルギー性結膜炎(けつまくえん)などがあります。これらアレルギー性の病気はしばしば同時に起こります。

アレルギーの原因になる物質(抗原)にはいろいろな種類があり、主なものとしてはハウスダスト、ダニなどの家のほこり、スギ花粉、イネ科花粉、ブタクサ花粉、真菌(カビ)などの植物由来のもの、ペットとして飼っているイヌやネコの毛などが挙げられます。これらの抗原は、息を吸うと鼻の中に入り(吸入抗原)鼻の粘膜にある抗体と出合いアレルギー反応を起こします。
抗体はIgE抗体と呼ばれ、アトピー体質のある人の体内でつくられます。このIgE抗体は、鼻の粘膜で肥満細胞(ひまんさいぼう)という細胞と強く結びつく性質をもっています。アトピー体質のある人が、各種吸入抗原を吸うと抗原抗体反応が鼻の粘膜で起こり、肥満細胞からヒスタミンなどの物質が放出されます。放出されたヒスタミンなどの物質は、鼻の粘膜を刺激してくしゃみ、鼻みず、鼻づまり、鼻のかゆみを起こします。したがってスギ花粉症もアレルギー性鼻炎に属します。
大気汚染や食生活の変化によりアレルギー性鼻炎は増えています。ここでは、当クリニックでも特に患者様が多い、いくつかのアレルギー疾患についてご説明いたします。
 

HOME > 病気の解決と治療法へ > アレルギー性の病気